無料ブログはココログ

事例発表研修会

平成26年11月14日19時から
金城大学の中講義室で
助言者に金城大学の木谷先生をお迎えして
事例発表研修会を開催しました。

参加者はおよそ40人(役員含まず)でした。
参加された皆さんありがとうございました。


①南ケアセンター「ショートステイにおけるレクレーションの充実」
②松美園「胃ろう見込みからの入所、そして今〜介護力を通して〜」
③紫苑「笑いヨガを取り入れたケア」
④なごみデイケアセンター「超高齢者の自己実現について介護職としての役割」

それぞれ発表くださった皆さんも、お疲れ様でした。
助言者いただいた木谷先生ありがとうございました。
あ、関係者の皆さんもついでにお疲れ様でした。


今回のアンケートは、集計ののちアップします。


ココからは個人的な感想です。(長文なのでスルー可)
発表タイトルにもあるように、
利用者本人のデマンドをいかにして実現したか
というような内容が多かったなぁ。と思いました。

発表時間がたったの10分という中で
言いたいことをハショッていく作業が
大変だっただろうなぁと、思いました。
しかも発表の中には
動画や画像を取り入れて
みやすい資料をつくっていたので
アタマがさがる思いですw

もう、どうやってオムツ交換するとか
食事介助するとか、そんな次元を超えて
その人がどう生きたいかに向き合っている
そんな様子が伺えて、
現場のレベルも上がってきているのかなと
偉そうに思いました(≧∇≦)

根拠なき事例や研究に意味はない!
そう思います。
いろんなスケールやアンケートをもって
自分たちのやっていることを客観的に評価していけたら
もっともっといいものになりそうな
そんな内容に感じました。

今流行りのユマニチュードも
モチロン取り入れてねv

☆研修報告☆ 『痰の吸引と経管栄養について』

皆さんこんにちは。

立春を迎え暦の上では春と言われていますが、まだまだ外は雪のちらつく2月下旬、いかがお過ごしでしょうか。

今年はインフルエンザの大流行もあり、感染対策など、より一層の緊張感の中で日々の業務に当たられている方も多いのではないでしょうか。

さて、そんな中、2月24日(金)に金城大学にて開かれました

『介護職員ができる医療行為の制度改正を通して考える ~生活支援のプロフェッショナルに~

の研修内容について、簡単に報告させていただきます。

Cimg0576

今回の研修は、講師に石川県立看護大学教授 川島和代先生をお招きし、「経管栄養・痰の吸引について(基礎知識と取り扱いについて)」と「痰の吸引に関する制度改正の概要について」ご教授いただきました。

複雑な制度の概要について、とてもわかりやすく講演していただいたことで、介護・看護のプロフェッショナルとしての責任、チームとしての連携などの重要さを再認識できたのではないしょうか。

川島先生、お忙しい中本当にありがとうございました。

また今回の研修にも、ご多忙な中、90名以上もの方々に足を運んでいただきました。

たくさんのご参加、誠にありがとうございました。

今回の研修アンケートにつきましては、後日掲載させていただきたく思います。

排泄シンポジウム アンケート集計結果

遅くなりましたが、10月の排泄ケアを考えるシンポジウム~尊厳ある排泄ケアとは~の研修会のアンケート集計を報告させていただきます。 エクセル書式でシート1、シート2に分かれています。

「haisetusinnpojiumu.xls」をダウンロード

研修報告 排泄ケアを考えるシンポジウム 〜尊厳ある排泄ケアとは?〜

皆さんこんにちは。もう11月だというのに日中は夏日になるような気候が続いており、なかなか体調管理が難しい日々ですね。

さて、10月15日(土)に白山市民交流センターにて開催されたキャリアアップ研修

『排泄ケアを考えるシンポジウム 〜尊厳ある排泄ケアとは?〜』について簡単にご報告させていただきます。

この研修はパネリストによる事例発表と、シンポジウムの二部構成で行われました。

あいにくの天候となりましたが、100名近くの方に足を運んでいただきました。中でも能登地区から多くの方々が参加して下さり、本当に嬉しく思います。

皆さんお疲れ様でした。

Cimg0164_2

今回はたいへんお忙しい中、座長に金城大学非常勤講師でいらっしゃいます釜土禮子氏をお招きし、

Cimg0410

                                                                                                                                  

                                                                                                                            

                                                                                                                     

                                                                                                                     

                                                                                                                  

パネリストとして

㈱リブドゥーコーポレーション排泄アドバイザー 山本正子氏

 事例「習慣的ケアから根拠あるケアへ」

Cimg0549                                                                  

                                                                                                             

                                                                              

                                                                                                   

                                                                                    

たきの里ききょうが丘ヘルパーステーション管理者 村田久美氏

 事例「排泄ケアアンケートより」

Cimg0553                                                                                                

                                                                                                      

                                                                                                   

                                                                                                   

特別養護老人ホーム眉丈園生活支援室長 森野満代氏

 事例「おむつ外しの取り組み」

Cimg0435
                                                                                       

                                                                              

                                                                                                 

べんクリニック院長 卞在和氏

 事例「排泄のメカニズムについて」

Cimg0415                                                                                                          

                                                                                                                  

                                                                                                                  

(発表順)

以上の方々にご協力いただきました。

皆様、本当にありがとうございました。

後半のシンポジウムでは、各事業所での日頃の悩みや問題点などを元に、パネリストの方々からとても参考になるアドバイスをいただきました。

リブドゥーコーポレーションの山本正子氏は、おむつメーカーのアドバイザーというお立場でありながら、むやみにおむつを使用するのではなく、人の当たり前の排泄のあり方について丁寧にアドバイスしてくださいました。

また、ききょうが丘ヘルパーステーションの村田久美氏は石川県介護研究部会排泄部会の活動の一環として、介護現場の排泄ケアにおけるアンケート調査を行い、その結果を通して、現場におけるニーズや課題を明確にされていました。

眉丈園の森野満代氏からは、眉丈園全体としての取り組みとして、なんと入居者様の日中おむつゼロを達成され、職員お一人お一人の意識付けによるチームケアの成果を発表してくださいました。

べんクリニック院長の卞在和氏は排尿のメカニズムをはじめ、排泄における問題点や現場のニーズなど多くの質問が寄せられ、そのひとつひとつにとても熱く丁寧に回答してくださいました。

皆さん、今回の研修もお疲れ様でしたm(_ _)m

アンケート集計

2月18日の講演会 『おもてなしの心を介護にも』のアンケート集計です。

「12345.xls」をダウンロード

研修報告です。~おもてなしの心を介護にも

平成23年2月18日(金)金城大学にて19時から ~おもてなしの心を介護にも 接遇・マナー研修会を開催しました。

Images

講師:加賀屋 あえの風 副支配人 道下 範人氏を講師にお迎えし 59人の参加者の中、

おもてなしの心015

①品質管理(方針と目標) ②教育体制(人材育成) ③接遇の基本 ④クレームの対処法

⑤リピーターを増やす方法 ⑥サービスとは・・

の内容に聴講者も質問が飛び交い時間も足りなかったと感じられたのではないでしょうか

品質管理の内容では4つの目標(期待に応える・生活性の追求・おもてなしの心思いやりの心で接する・クレーム0を目指すこと)とし、

部下の小さな失敗は注意し、大きな失敗は支えるといった育成方法、接遇の基本は

①言葉づかい②笑顔③態度・作法 といった基本からプラス、接する側の感性が必要であると話されていました。つまり、相手の思いや希望をこちらで先に察知し、卓越された感性の使い方とはお客様の気づいていないことまでも読み取りサービスを提供するといった、介護に通ずることを加賀屋グループでも実践されているとのことでした。

さらに情報の共有といったところでは、リピーターの好みや嗜好を他の加賀屋グループをお客様が利用されても共有化し提供することや(ネットワークシステム)、お客様には見えないサービス(挨拶ロードなど)といった話もされていました。010

Images_2

なお聴講者の為に、グループの失敗談などでもそこから学ぶことの大切さを伝えられていました。 「笑顔で気働き」をモットーにサービス業界日本一の奥深さが伝わってきました。

私たちの介護福祉の業界でも、年々サービスの向上、自分が受けたいサービスを考えてくる時代になってきました。小さなことからでも、講義を生かし努めていきたい。そう思いました。

 道下さんどうもありがとうございました。

清水哲氏 講演会アンケート結果★

講演会(松任グランドホテル)の報告まだ見てない人はコチラヘ↓

http://hakusan-kaigo.cocolog-nifty.com/blog/cat31247598/index.html

講演会終了後に取ったアンケートの集計が終わりましたので、ご報告させていただきます。(カタいっ!)

pdfリーダーのない方は、コチラから無料ダウンロードできます。http://get.adobe.com/jp/reader/?promoid=BPBQN

アンケートはコチラ「2010.pdf」をダウンロード

集計結果はコチラ↓↓

当会へのアンケート内容「2010_1.pdf」をダウンロード

清水哲氏へのアンケート内容「2010_2.pdf」をダウンロード

個人的な感想とか・・・。ここからスルーokです。

障害者自身の口から語られる障害への思い・・・なかなか聞けない講演で、福祉業界に携わるみなさんには、とてもためになったのではないかと思います。でも、よく考えてみてみて・・・たとえば眼鏡をかけている人も障害者です。自覚ない?!不便じゃないからですかね。ある意味これについてはバリアフリーな世の中なようです。

小さな段差があふれる世の中に腹が立つという言葉・・・講演中に言われた言葉です。講演を聞いていて思ったことは、聞きやすくわかりやすい話で説得力があるなぁということでした。どこぞの政治家たちの演説と比べて、言葉が専門的ではないし、ひとつひとつが短く頭に入りやすい。

清水哲氏の言葉にパワーを感じました。腹立つ世の中を根本からバリアフリーに変えるために、政治の世界に飛び込もうとか・・・思ってたらいいのに。無所属からバリアフリー党(笑)を立ち上げ、キャッチコピーは「心のバリアフリー、ノーマライゼーションはみんなが幸せ」とか

ともかくご参加の皆さんお疲れ様でした&いい講演聞けてよかったですね

清水哲氏 講演会報告(松任講演)

桑田よ清原よ 生きる勇気をありがとう』 

229_064 10/15(金) グランドホテル松任にて開催いたしました。清水 哲氏の講演会の報告をさせていただきます。

2日間(松任・金沢)講演の初日は、75名の聴講者の中、清水氏のPL時代~現在までの紹介ビデオの後、経験・事例・福祉に対する思いを話され、参加者も聞き入っていました。

073 清水氏、曰く 生きることとは~ 人生とは~ と聞かれるが、よくわかりません。 ただこの世に命として授かったのだからまっとうするのが、使命であるように思います。悲しみを背負ったときに、毎日毎日泣いたこともあったが 笑っても一日・泣いても一日なら笑って過ごしたい。障害者でよかったと思える人生を送りたい。 もしあの時事故にあわず、プロになったとしてもいつか、障害を背負っていたのかもしれない。それが私の運命である。

そして、清水氏は野球で成し遂げることのできなっかた全国制覇の夢を掲げ、講演活動していきたいと誓い、NPO法人の代表として、障害者サポートを行われている。

目標を持ち、いかなる障害があろうともそれに向かって進み続ける、清水氏の生き方に参加者も胸を打たれ、明日への勇気になったのではないでしょうか。貴重なお時間をありがとうございました.

平成22年度 事例発表会 【アンケート結果】

標題の通りアンケートの結果集計が完了しましたので、ご報告します。

っカタい!

今回のアンケートはムダにpdf使ってみました。

「anke-to.pdf」をダウンロード

pdfリーダーのない方は、コチラから無料ダウンロードできます。http://get.adobe.com/jp/reader/?promoid=BPBQN

で、結果発表です。

「keltuka.pdf」をダウンロード

助言者の小林先生も言っていたけど、単に発表するだけで終わってしまう会ではなく、一緒に研究する会としてあるほうが、その場で身になりますね。職場に帰っても人を巻き込んでいける力になりそうですよね。

うん。事例研究は現場で仕事をしている人にとって、一番面白い勉強ですもんね。そして発表の場を職場以外にできれば、個人としても事業所としてもかなりレベルが上がりますよね。『・・・業務で忙しいからぁ』は、ここで発表した人も同じ!言い訳にさえなりませんもんね。

ただ業務をこなす仕事してるだけじゃ、介護福祉士としての自分の質向上には限界がありますよぉーー、とか言ってみる。では

平成22年度 事例発表研究会 【活動報告】

【事例発表研究会の活動報告 7月16日(金) 金城大学】

参加者:約100名

皆様お疲れ様でした。それでは簡単に報告させて頂きます。

Cimg0076_2

助言者には金城大学 社会福祉学科の小林先生をお招きしました。

発表者は

Cimg0066_4   

(株)ハシノメディカル 倍賞 宗氏

「介護負担の軽減へ~新たな福祉ロボットの魅力」

Cimg0068_2

えくぼ通所リハビリテーションセンター 中 祐太氏

「職場復帰を叶えた~家族のために!という思いに寄り添った支援」

Cimg0071_3

別養護老人ホーム 福寿園 原田 理氏、林 秀明氏

「従来型からユニット型へ~事例を通して」

Cimg0072_2

ニチイケアセンター松任 川波 早苗氏、川森 有美氏

「車椅子生活を余儀なくされたが・・・~年老いた母と愛着のある自宅で暮らしたい」

発表いただいた事業所の皆さん、大変お疲れ様でした。

10分間という短い時間でしたが発表者の皆さんはどれだけの時間をかけ、資料を作ったのか?と考えると、真剣に発表を聞くことができました。

個人的には「もっと聞きたい!」「みんな頑張っているんやな~!」と介護に対して、また熱い気持ちになれた発表会でした。

※来年度も事例発表研究会を行う予定なので、発表者募集の時はヨロシクお願いします。

その他のカテゴリー