無料ブログはココログ

明日は文化の日★

いつもこの頃になると寒くて寒くてコタツを出してしまいます。

え?ウチは10月終わりから出てますよ。

ええ。出てますとも。

で、明日は文化の日なんですが、街を見るともうクリスマス色に染まってる・・・

みんな!11月はいらないカンジですか?

ちなみに11月11日は介護の日

今年は6日(土)に介護フェスタ2010が女性センターで開催されますよぉ

介護福祉士会単独で行った去年とは違い、今年は医師会をはじめとするたくさんの会が共同で行う会!

きっとグレードの高い会なのでは?と少し期待

もうすぐですよーーー。

10月15日(金)にキャリアアップ研修ですよーーー。

申し込みしたけどいつだっけ?とかいうウッカリさん

・・・はい。

以前、このブログ上でつぶやいた研修の案ですが、

もしかしたら実現するかも

やったね。白山・野々市ブロックは意見が通りやすい!

素敵ですねー。

というわけで、どんどんご意見いただけたら実現していっちゃいますよ

鈴が鳴る★

ふと思いました。

最近見ないのでは?

昔は・・・小学生くらいのころ誰もが集めてたと思う。

イロイロな商品についている。あれ。

ベルマーク

一体何についてるの?

何のために集めるの?

知らずに育ってきましたが、なにか?

http://www.bellmark.or.jp/

学会発表を目標に・・・★

今回の事例発表会に参加して、『論文書いてみたいw』とか『事例を深く掘り下げて研究したいw』と思った人は結構いたみたいですね。アンケート結果見て思います。http://hakusan-kaigo.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/22-d097.html#comments

刺激を受けた人は結構多いと思うのですが・・・書き方が・・・と思う人は少なくないハズ。たしかに日頃書いてる箇条書きに似た業務上の記録と、発表する論文は書き方が一目瞭然で違う。

記録の書き方の研修はちらほら見受けられますが、論文などの書き方研修はあまり聞かない気が・・・。気のせい?

そんな研修があったら良さそうですよね。できれば介護福祉士学会での発表を目標に取り組めたらいいのに・・・。そうなると、介護養成校や大学の先生方のお力をお借りできたら素敵。

例えば、5~10人の少数単位に先生1人計算で、論文作成と発表の勉強会と添削・アドバイスを2~3ヶ月で!とか。・・・期間が短いか?

一回書いたらこれまで億劫だった人も、意外とそうじゃなくなるかも?そんな研修あったら受けたいなぁ。

平成22年6月28日★

梅雨に入ってから晴れ間が続いていましたが、最近ようやく?雨が降ってきて、蒸し暑くなって梅雨らしくなってきましたね。

とか思うと、6月も終わりです。今年ももう半分が過ぎようとしています。

ボーナス間近!とか考える人?

・・・もう半分か!とか考える人?

夏だ!海だ!BBQだ!とか考える人?

休みの人?日勤の人?夜勤の人?明けの人?

誕生日の人?・・・おめでとうございます

同じ日でもいろんなことを考えてる人がいるんですね。まぁ同じこと考えてる人もいますが、思いに対する気持ちの大きさや細かな考えまでは一緒じゃないでしょう。

介護を受けている方は、今日をどんな思いで過ごそうとしているでしょうね?・・・どんな思い出になる日なんでしょうね?

・・・今日は、どんな思いをこめて介護しましたか?

洗髪★

入浴時の安全についての研修はもう聞き飽きた。

いや、確かに必要で相当大事なことは間違いないんですが。。。

教科書以上にマニアックな技術を勉強したい

と考えるあなたにこそ、明日から使えるマメ知識と技術!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『カリスマ美容師の洗髪テクニック講座!』

あんなに優しく丁寧にされたら・・・ほれてまうやろ!!

そんな最上級の洗髪テクニックを身につけましょう。もちろんなぜそうした方がいいのか?という理論もバッチリ!張りと艶のある髪は女の命?業界初の研修内容では?腰脊椎圧迫骨折の人にも優しい体位で洗髪を!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

思いつきですが、こんなの興味ないですか?

爪とか手★

研修の内容って結構似てて面白くない・・・とか思いませんか?

個人的にはそんなカンジです。怒られそうですが・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

講師に呼ぶのは福祉系大学の教授とかそういう人ばかり・・・そこから離れてもっとマニアックな技術や知識を研修にできたらいいなぁ。

例えば・・・

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

①ネイルアートの専門家を講師に招いて 『毎日の爪ケア・オシャレに爪を飾る』

男性介護士は、女性に比べてこの辺に疎い人が多かったり、女性でもプロ技デコとか興味あったり?プロが教える爪きりの技!!実際使っている爪きり持参で、とか実践込みで楽しそう。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

②皮膚科の医師を講師に招いて 『爪の病気とケアと予防』

爪からわかる身体の病気。。。真菌以外もわかるようになれたら真菌とかで厚くなった爪のケアってどうしてますか?実践している方法は正しいの?水虫予防に靴下は履かないほうがいいのか、5本指靴下を履くほうがいいのか?利用者だけでは留まらず、自身に確実に役立つ研修になりそうな予感。あえて皮膚科の医師を講師にってのがミソ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

③エステティシャンを講師に招いて 『美しい爪 きれいな手』

キレイな手は介護士の命!同じ介護、技術では手がキレイな方が受ける印象が断然いい!!・・・と思う。食事を配膳されるときにふと見える手・・・オムツ交換の時に肌に触れる手・・・。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

こんなのどうでしょう?興味出ない?

介護福祉士の行く末とか★

お久しぶりです。久々に記事を更新してみました。

要望書もでて、介護福祉士に医療の知識だけではなく実際の技術も要求されてくる時代になりましたね。それに伴って研修とかも増えることでしょう。

認知症に特化した認知症専門士のように、医療技術に特化した介護医療士?みたいなものが出てくるのでしょう。ほかにはターミナルケアとか安楽とかに特化した療養介護士みたいな?まあ、そういう時代ですね。でも特化型は先行の専門には及びませんね。特化型が出尽くすと上級の認定介護福祉士とかでてくるんでしょうか(笑)

で、ふと疑問です。特化型が出てくると、本来の介護を見失ってしまいそうです。介護福祉士ってなんでしょう?広く浅く生活を支援する各専門の穴埋め的な存在でしょうか。被介護者の一番近くの介護者を最も近くで支援する専門職でしょうか?

法律上では「専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと」とあるようですが。。。

ちょっと物思いにふけってみました。

介護福祉士の専門性って?★

介護福祉士会の目的から・・・

【目的】

介護福祉士の職業倫理の向上、介護に関する専門的教育及び研究を通して、その専門性を高め、介護福祉士の資質の向上と介護に関する知識、技術の普及を図り、国民の福祉の増進に寄与する。

その専門性とありますが、介護福祉士ってなんの専門なんでしょう?これまで夫★は『生活』の専門だと思ってました。でも、知らない人に説明するとき生活援助の専門では相手に『?』が見えます。

なんの専門かを口頭でわかりやすく説明できないとマズイと思っているのですが、皆さんならどう説明しますか?

介護福祉士会の目的の意味とか知ってます?★

いつもお疲れ様です。4月ということで介護福祉士会について少し・・・。

【目的】

介護福祉士の職業倫理の向上、介護に関する専門的教育及び研究を通して、その専門性を高め、介護福祉士の資質の向上と介護に関する知識、技術の普及を図り、国民の福祉の増進に寄与する。

・・・とか、まず「職業倫理の向上」とか意味分からないですよね。職業倫理について少し調べてみました。 辞書には職業倫理ってなかったです。

倫理:人として守り行うべき道。善悪・正邪の判断において普遍的な規準となるもの。道徳。モラル。「―にもとる行為」「―感」「政治―」

簡単に言うと職業上必要なモラルということでしょうか?しかし、それの向上っていうのがまたわかりませんね。もうちょっと調べて考えてみました。
http://search.chiebukuro.yahoo.co.jp/search/search.php?ei=UTF-8&p=%E8%81%B7%E6%A5%AD%E5%80%AB%E7%90%86

民主主義の原則は「独立した個人の自己責任」に帰結する。
福沢諭吉によれば「学問の目的は、各自の独立」ということである
そして「各人が独立するために必要なのは職業をもつことである」
述べている。

また民主主義の基礎には「自分がされていやなことを他人にしない
という暗黙のルールが存在する。
つまり、他人に頼らず、他人に迷惑をかけず自己責任のもと生きていく。
これが「職業倫理」と結びつく。

こうした「職業倫理をもった独立した個人」が確立してこそ民主主義は
成立する。

「個人」というのを「介護福祉士会という職業団体」に置き換えて考えると・・・ちょっと納得できましたかね?会が独立するために、民主主義ならではのモラルと職業学問の発展を兼ね備えた言葉だったようです。しかしながら難しい言葉を使うもんだ。・・・ワカリヅライ

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー