無料ブログはココログ

« 『おくりびと』の心得 ~美しく旅立っていただくために | トップページ | 次回は^^排泄ケアシンポジュウム~尊厳ある排泄ケアとは?~  »

研修報告~おくりびとの心得~美しく旅立つために

7月22日(金)金城大学にて定期研修会を開催致しました。 参加者 約50名 講師は米永の一休さん支配人の杉岡さんをお招きし「おくりびとの心得」と題し、亡くなった方、遺族の方へのケアなど、講義をいただきました。132

1、葬儀について

故人の生活や生き様、情報の収集(台所、家の様子、写真、表彰状など)

満足を得るために! 質量転化の法則(質を上げるために経験がある)アンテナを張り、考え、気づきを大切に。

2、臨終

聴覚は最後まで残る。最後のぬくもりに触れていただく。エンゼルメイク(服は好きなものを)ネクタイなら息子さんに締めてもらう。口紅や眉は娘さんに。エンゼルケア耳元で話しかける。故人の想いを実現。

3、ケア

マニュアルを超える。 講師が経験した事例。疎遠だった息子さんが葬儀に、その場で結婚式を父の亡骸を前に行った。家族・本人がしてあげたいことの実現。

残された家族のニーズを実現。「そっとするのもケア」「グリーフケア(悲観回復)を学ぶ」

心の回復を早めるために、なにができるのか希望を聴く。

やってきたことの回想・最後の時の声かけ・受容。心の一部が欠けた世界で、新しい現実を受け止め立ち直っていく。・・・もっとしてあげたかった。

最後のディスカッションでは、参加者同士、自分の体験したお別れ・もっとこうした・・・など時間が足りなかったとゆう声もありました。またこれから今回の研修の延長上で実際のエンゼルケアやグリーフケアの実践もニーズに上がっていたので、今後の研修案の課題にしていきたいと思います。 杉岡さんすばらしい講義ありがとうございました。139

アンケート集計結果もアップしたいと思います。

「okuribito.doc」をダウンロード

« 『おくりびと』の心得 ~美しく旅立っていただくために | トップページ | 次回は^^排泄ケアシンポジュウム~尊厳ある排泄ケアとは?~  »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 研修報告~おくりびとの心得~美しく旅立つために:

« 『おくりびと』の心得 ~美しく旅立っていただくために | トップページ | 次回は^^排泄ケアシンポジュウム~尊厳ある排泄ケアとは?~  »